その育毛の成分、本当に効果があるの?

理論的には効果があったとしても、実際に効果があるかどうかはわからない場合があります。それは、増毛や育毛を謳う育毛剤の中に含まれている成分に関しても同じことが言えるでしょう。

育毛剤配合成分のうち、皮膚科学会で本当に効果があると認められている成分には「ミノキシジル」(毛母細胞増殖、タンパク質合成促進、血行促進作用)がありますが、そのほかにある程度は認められたものとして、

・血行促進→塩化カルプロニウム、センブリエキス、酢酸トコフェノールなど

・毛母細胞、毛乳頭への作用→アデノシン、t‐フラバインなど

・角質軟化→サリチル酸など

・栄養補給→ペンタデカン酸、二コチン酸など

・皮脂分泌抑制→エチニルエストラジオール

などがあります。

ミノキシジル以外の成分については、上に示したような育毛に対する効果はたしかに理論上ではあります。しかし、実際に発毛させるまでの効果があるかというと、それは甚だ疑問です。

世の中には、この理論的効果を過大にアピールした商品がたくさん出ていますが、実際に効いたという方はどの程度いらっしゃるでしょうか? 残念ながら、私はお会いしたことがありません。

例えば、ビタミンCはシミの元になるメラニンの生成を抑制するので、たしかに理論的にはシミに効果があります。しかし、ビタミンCを大量に摂っても、実際にシミが消えるまではいきません。シミを消すには、やはりレーザー照射しかないのです。もしシミを消したいのであれば、ビタミンCを病院で処方してもらって長年飲むよりは、―回レーザー照射したほうが効果は圧倒的に高いし、結局、費用も安くなります。

私か言いたいことは、どうせお金をかけるなら、広告に惑わされず、本当に効果のある治療法にお金を集中させなければ、お金も時間ももったいないということです。

先日、テレビショッピングで、「グリチルリチン酸」の効果をアピールし、グリチルリチン配合の育毛剤で発毛するかのような印象を持たせる商品を目にしました。

グリチルリチン酸は副腎皮質ホルモンと似た炎症を抑える作用などがあり、多くの化粧品に配合されています。しかし、私としては育毛に効果があるとは初耳でした。その後、私の調べた範囲内では、フケ、かゆみ、炎症を抑えて頭皮環境を整える作用は期待されるものの、発毛効果があるとはまったく言い切れないのです。

そのような眉ツバ的な商品もありますので、なんとでも創作できる体験談や美辞麗句に惑わされないで、業者がアピールする有効成分がどんなものか? 本当に効くものなのか? ぜひ調べてみてください。ネットでも簡単にできますので、まずは検索してみてはいかがでしょうか。

色々な育毛成分を目にしますが、まずは自分でできる育毛に取り組むのが先決だと思います。「はげてきた」というサイトには効果のありそうな育毛のための生活習慣やオススメの育毛剤などが紹介されていてかなり参考になると思います。

イメージ的に効果のありそうな植物などの効能を謳った育毛剤はたくさんありますが、科学的に有効だと皮膚科学会が推奨しているのは『リアップ』だけでした。

しかし最近出た『コラージュフルフル育毛スプレー』は良いかもしれません。一般的に薄毛になっていく女性のFAGAは女性ホルモンの減少によって起こりますが、この育毛スプレーには女性ホルモンが含有されていて、それを頭皮に補うことによって薄毛を改善させる仕組みです。

男性の薄毛にも効果が期待できるようで、値段もリーズナブルです。もちろん内服薬には到底及びませんが、補完には良いと思います。

ちょっと話は変わりますが、「化粧品は高くなければむしろ売れない」とよく言われます。化粧品に関しては、原価はともかく、高いものにはそれなりに高品質な成分が入っている可能性は高いからです。他方、美容医療の場合、原材料の納入価格や品質がまったく同じでも、医師が自由に価格を決められるため、医院によってかなりの価格差があるのが当たり前になっています。

例えば、シワ取りに使うボツリヌス菌注射。国内で流通しているのは、欧米製か韓国製で、米国製は「ボトックス」、韓国製は「ニューロノックス」と名前こそ違いますが、中身はまったく同じです。

ヒアルロン酸も欧米製と韓国製で品質に差はなく、価格差も安い物と高い物で1万円以上も開きません。

ただし、診療でまったく同じヒアルロン酸を使用しても、医院により3倍以上の価格差が出ることがあります。何も安い医院が粗悪なヒアルロン酸を使用したり技術が劣っているのではなく、その価格差がそのまま医院の儲け分になるわけです。全国共通のワクチンを使用するインフルエンザ予防接種が、医院により価格差があるのと同じ仕組みです。薄毛治療や内服薬にも同じことが言えるでしょう。