その育毛の成分、本当に効果があるの?

理論的には効果があったとしても、実際に効果があるかどうかはわからない場合があります。それは、増毛や育毛を謳う育毛剤の中に含まれている成分に関しても同じことが言えるでしょう。

育毛剤配合成分のうち、皮膚科学会で本当に効果があると認められている成分には「ミノキシジル」(毛母細胞増殖、タンパク質合成促進、血行促進作用)がありますが、そのほかにある程度は認められたものとして、

・血行促進→塩化カルプロニウム、センブリエキス、酢酸トコフェノールなど

・毛母細胞、毛乳頭への作用→アデノシン、t‐フラバインなど

・角質軟化→サリチル酸など

・栄養補給→ペンタデカン酸、二コチン酸など

・皮脂分泌抑制→エチニルエストラジオール

などがあります。

ミノキシジル以外の成分については、上に示したような育毛に対する効果はたしかに理論上ではあります。しかし、実際に発毛させるまでの効果があるかというと、それは甚だ疑問です。

世の中には、この理論的効果を過大にアピールした商品がたくさん出ていますが、実際に効いたという方はどの程度いらっしゃるでしょうか? 残念ながら、私はお会いしたことがありません。

例えば、ビタミンCはシミの元になるメラニンの生成を抑制するので、たしかに理論的にはシミに効果があります。しかし、ビタミンCを大量に摂っても、実際にシミが消えるまではいきません。シミを消すには、やはりレーザー照射しかないのです。もしシミを消したいのであれば、ビタミンCを病院で処方してもらって長年飲むよりは、―回レーザー照射したほうが効果は圧倒的に高いし、結局、費用も安くなります。

私か言いたいことは、どうせお金をかけるなら、広告に惑わされず、本当に効果のある治療法にお金を集中させなければ、お金も時間ももったいないということです。

先日、テレビショッピングで、「グリチルリチン酸」の効果をアピールし、グリチルリチン配合の育毛剤で発毛するかのような印象を持たせる商品を目にしました。

グリチルリチン酸は副腎皮質ホルモンと似た炎症を抑える作用などがあり、多くの化粧品に配合されています。しかし、私としては育毛に効果があるとは初耳でした。その後、私の調べた範囲内では、フケ、かゆみ、炎症を抑えて頭皮環境を整える作用は期待されるものの、発毛効果があるとはまったく言い切れないのです。

そのような眉ツバ的な商品もありますので、なんとでも創作できる体験談や美辞麗句に惑わされないで、業者がアピールする有効成分がどんなものか? 本当に効くものなのか? ぜひ調べてみてください。ネットでも簡単にできますので、まずは検索してみてはいかがでしょうか。

色々な育毛成分を目にしますが、まずは自分でできる育毛に取り組むのが先決だと思います。「はげてきた」というサイトには効果のありそうな育毛のための生活習慣やオススメの育毛剤などが紹介されていてかなり参考になると思います。

イメージ的に効果のありそうな植物などの効能を謳った育毛剤はたくさんありますが、科学的に有効だと皮膚科学会が推奨しているのは『リアップ』だけでした。

しかし最近出た『コラージュフルフル育毛スプレー』は良いかもしれません。一般的に薄毛になっていく女性のFAGAは女性ホルモンの減少によって起こりますが、この育毛スプレーには女性ホルモンが含有されていて、それを頭皮に補うことによって薄毛を改善させる仕組みです。

男性の薄毛にも効果が期待できるようで、値段もリーズナブルです。もちろん内服薬には到底及びませんが、補完には良いと思います。

ちょっと話は変わりますが、「化粧品は高くなければむしろ売れない」とよく言われます。化粧品に関しては、原価はともかく、高いものにはそれなりに高品質な成分が入っている可能性は高いからです。他方、美容医療の場合、原材料の納入価格や品質がまったく同じでも、医師が自由に価格を決められるため、医院によってかなりの価格差があるのが当たり前になっています。

例えば、シワ取りに使うボツリヌス菌注射。国内で流通しているのは、欧米製か韓国製で、米国製は「ボトックス」、韓国製は「ニューロノックス」と名前こそ違いますが、中身はまったく同じです。

ヒアルロン酸も欧米製と韓国製で品質に差はなく、価格差も安い物と高い物で1万円以上も開きません。

ただし、診療でまったく同じヒアルロン酸を使用しても、医院により3倍以上の価格差が出ることがあります。何も安い医院が粗悪なヒアルロン酸を使用したり技術が劣っているのではなく、その価格差がそのまま医院の儲け分になるわけです。全国共通のワクチンを使用するインフルエンザ予防接種が、医院により価格差があるのと同じ仕組みです。薄毛治療や内服薬にも同じことが言えるでしょう。

 

フケは抜け毛のサイン

フケは、皮脂と菌が原因となって発生する、いわゆる脂性のものです。

しかし、最近はほとんどの人がほぼ毎日シャンプーすることから、脂性のフケよりも、頭皮の乾燥によるフケのほうが多くを占めており、かゆみや炎症を伴うこともあります。このほか、ストレスによって出るフケもあります。いずれも、皮脂分泌のバランスがくずれることによって起きます。

このフケ(古い角質)が残ったままだと、頭皮の新陳代謝が悪くなりさらに血行が悪くなって頭皮がかたくなり、抜け毛の原因になってしまいます(脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症)。予防法としては、シャンプーの時髪の毛を洗うというよりは、頭皮を洗うイメージで、頭皮のマッサージといっしょに行うと効果大です)。

フケ予防のツボは、神庭。眉間から上、前髪の生えぎわ中心から1センチ上にあります。このツボを指の腹で押しながらシャンプーするといいでしょう。

神庭の゛神」は、精神や感情、「庭」は前庭を意味します。フケ予防のほか、抜け毛、頭痛や肩コリにも効果があるツボです。文字どおり、精神や感情を落ち着け、リラックスさせる効果もあります。

シャンプーを毎日する人は、頭皮を乾燥させないことも大切です。脂をある程度分泌させることが必要になるのですが、分泌を促すために軽く汗をかけるような運動をすることががおすすめです。脂は、水(汗)といっしょに出てきます。体を動かすと肌ツヤがよくなるのは、体が乾燥していない証拠です。

顔が乾燥しているなと思ったら、頭皮も乾燥しています。肌の手入れとあわせてケアをするのがオススメです。

頭皮のかゆみも、放っておくと炎症を起こし、フケと同様、抜け毛や薄毛の原因になります。

かゆみが起きる原因は、いくつかあります。シャンプー時に爪を立てて洗うことで、頭皮を傷つけてしまう、さらに爪の中の化膿菌や真菌が傷口から入り込んでしまう場合や、髪の洗いすぎによる皮脂の乾燥があげられます。反対に、頭皮を不潔にしていることで、細菌が繁殖し炎症を起こす場合もそうです。シャンプー剤、パーマーカラ上牧などの刺激による皮膚炎。シラミなど寄生虫による感染症なども原因の一つです。

シャンプーのしかた、回数などは思い当たることを改善すれば、かゆみはおさまります。最近は各メーカーも、毎日シャンプーをする人が増えていることを受けて、低刺激のものを販売していますから、毎日シャンプーすることを気にしなくてもよいと思います。ただ、乾燥によるかゆみは、洗いすぎのほが加齢があげられます。肌が乾燥しているときは、頭皮も乾燥していますから、同様にケアをすることを忘れないでください。

菌の繁殖によるかゆみはツボで治すことはできませんが、栄養が行き渡った頭皮、かゆみやフケが出ない頭皮を作ることはできます。加齢による乾燥を防ぐことも可能です。

「曲鬢」のツボは、かゆみを抑え、頭皮の血行をよくしてくれます。このほか、自律神経の調整や頭痛、耳鳴りにも効果があります。耳上部の水平線ともみあげの後ろの垂直線との交点にあり、横から見て、眉毛の下あたりです。

赤みをともなうかゆみや、何日も続くようなとき、ツボ押しを試みてもおさまらない場合は、皮膚科を受診しましょう。

放っておくと薄毛になってしまうかもしれません。

 

肥満はハゲになる

糖質制限を実践している私は、メインの肉料理のほかに、サラダとスープが食べ放題となっているファミリーレストランでよくランチをします。

以前、そのレストランでランチをしていると、目の前のテーブルに、チビ、ハゲ、デブの三拍子そろった男性が座りました。(ここでは、わかりやすくするために、薄毛をときに「ハゲ」と呼んだり、肥満を「デブ」といっているところがありますが、決して差別的に用いているわけではないことをご理解いただければ幸いです)

最初は何気なく目が向いただけなのですが、たちまち私は彼の行動に釘づけになりました。

男性は、メインを注文するなり立ち上がり、大盛りサラダを3皿も続けざまに机に置きました。1皿はトマトだけ、2皿目はポテトサラダ、3皿目はホウレンソウをそれぞれお皿からこぼれ落ちそうなほど盛りつけてきたのです。

「さあ、食べ始めるのかな」と思う間もなく、男性は再び立ち上がりました。今度はスープをとりに行ったのです。食べ放題のスープは3種類、彼はすべての種類のスープを満足気にテーブルに並べました。

そこにメインのステーキが運ばれてきました。男性は巨大なステーキをあっという間に平らげました。次に、右から順番にサラダとスープをきれいに完食。私は呆気にとられつつも、「あれだけ食べれば、さぞ苦しいだろう」と思いました。ところが、食後の彼は、顔からタラタラ流れ落ちる汗を無造作に拭いながら、幸福感に満ちた表情をしていました。

私は男性の食べっぷりに隠された背景を想像せずにはいられませんでした。彼は、毎日仕事が忙しく、帰宅しても待っている家族もなく、1人で寂しいのでしょう。たまのランチも彼女も同僚も同席してくれる人はなく、日頃のストレスをひたすら食べることで解消しているように見えました。

そうやってストレス食いをすることで、彼の脳はひとときの開放感と幸福感に満足しているのでしょう。しかし、それによって彼の頭の毛はますます薄くなるはずです。彼の腸内環境は、間違いなくフィルミクテス門が優勢で、バクテロイデス門の細菌はすみに追いやられていることは、彼の外見と食べ方に表れています。

こんな研究があります。2006年、ワシントン大学のJ・ゴードン教授は太ったマウスから採取した腸内細菌を別のマウスに植えつけた場合と、通常の体型のマウスから採取した腸内細菌を植えつけた場合を比較しました。両者は同じ量のエサを食べていたにもかかわらず、肥満のマウスから腸内細菌をもらったマウスのほうは太りやすいことが示されました。

「食事に気を配っているはずなのに、ぜんぜんやせない」「ちょっと食べただけで太ってしまう」と思っている人は多いでしょう。そうした人の腸内ではフィルミクテス門の細菌が優勢になっているはずです。

フィルミクテス門の細菌は「デブ菌」とも呼ばれています。大を肥満に導く菌だから「デブ菌」です。かわいらしい愛称ですが、実はデブ菌に腸をのっとられることは怖いことなのです。

最近、アフリカの原住民と典型的な都市生活をしているイタリア在住の、それぞれ健康な子どもの腸内細菌叢を比べた研究結果が報告されました。

アフリカ原住民の子どもは、高食物繊維・低カロリー食で育っています。そんな子どもの腸内細菌叢では、バクテロイデス門の細菌が優勢でした。しかも、細菌の種類と数が多く、善玉菌が優位の腸内細菌叢が形成されていました。

一方、低食物繊維高カロリーで育ったイタリアの子どもは、フィルミクテス門の細菌が優勢でした。

食事が腸内細菌叢の勢力図を書きかえ、体質や体型を塗りかえていくのです。従来の栄養学的な考え方では、エネルギー摂取量の違いが人の体型をつくるとされています。しかし、それでは説明できないことが多々あります。エネルギー摂取量を控えていてもなかなかやせない人や、ちょっと食べるとすぐに太ってしまう人のいることがその一例です。

フィルミクテス門の細菌は、糖類を代謝する遺伝子の多い菌種が目立ちます。簡単にいえば、宿主が食べたものからエネルギーを強く取り立てて腸から吸収させる働きがあるのです。つまり、フィルミクテス門が優勢になると、わずかな食べ物からもたくさんのエネルギーをつくり出せる体になるわけです。消費されなかったエネルギーは脂肪細胞に蓄えられ、それによって肥満の体がっくられていきます。

肥満は薄毛要因の一つです。ハゲを改善するには食事こそ大事なのです。

 

ハゲは遺伝?生活習慣病?

「薄毛は遺伝する」とよくいわれます。「オレがハゲたのは、父親がハゲているから」と思っている人もいます。

たしかに、薄毛は遺伝的な要素を持ちます。遺伝すると考えられているのは、男性型脱毛症(AGA)です。頭頂部、または額の生え際の薄毛からハゲが進行していくタイプで、遺伝出であったり男性ホルモンによる影響が強いと考えられています。

男性型脱毛症は、母方からの遺伝によるところが大きいことが、最近の研究によりわかってきました。そのため、「父親の髪が薄いから、自分も同じように髪が薄くなるのでは」と心配することはないのです。自分がハゲやすいかどうかは、母方の祖父をみることになります。

この現象を「母方のほうの隔世遺伝」と説明する声もよく聞きます。しかし、これは正しくはないのです。女性の場合でいえば、女性ホルモンの働きによって男性に比べて薄毛になりにくくなるので、祖父の髪の毛のの状態を見る必要がでてきます。

しかし、女性にハゲは関係ないということにもなりません。最近では、薄毛や抜け毛に苦しんでいる女性の数が増えています。

さて、ハゲが遺伝によるものだとしたら、AGEや活性酸素を抑える生活をいくらがんばってもムダだということになります。

しかし、そんなことはないのです。父親がハゲていようと、母方の祖父がハゲていようと、フサフサの髪を誇る人は大勢います。反対に母方の祖父はフサフサだったのに、ご自身が薄毛に悩んでいる人もいます。

私は、薄毛は遺伝よりも生活習慣の要素のほうが大きいと考えています。遺伝というものは、可能性や体質の問題という程度に覚えておくべきだと考えられます。

つまり、母方の祖父が薄毛であったとしたら、自分も薄毛になりやすい体質だということになるので、そのぶん、体内をさびさせない生活を心がければ、薄毛の進行をくい皀められることになります。

こうした考え方を「エピジェネテイクス」(後天的遺伝子制御変化)といいます。

エピジェネテイクスの「エピ」は、ギリシヤ語で「上の、別の、あとから」という意味でエピローグやエピソードの「エピ」と回しです。エピジェネテイクスとは、「後成説」と「遺伝学」を結びつけた造語で、「本来の遺伝情報の上につく別の遺伝情報」や「あとで獲得した遺伝情報」という意味となります。

また、エピジェネテイクスによって変化した遺伝情報のことを「エピゲノム」(後天性遺伝情報)と呼びます。

つまり、生まれつき持っている遺伝情報(ゲノム、DNA塩基配列)は、後人的な生活環境や習慣によって修飾され、個体レベルの形成が変わってくるということを、エピジェネティクスは示しているのです。

遺伝子そのものは変えられないとしても、環境などに対応するようにさまざまな形に変化させる方法を、私たちの遺伝子は備えているのです。

一説によると、ハゲの遺伝的な要素はたった4分の1程度と言われています。

つまり、薄毛になる原因の4分の3は、生活環境と生活習慣が原因であるということができるのです。

 

ハゲは食事で解消する

糖とタンパク質の化合物である「AGE」は体内の活性酸素の発生量を増やす原因になります。

1万年前、狩猟採集生活を送っていたころの祖先は、現代のように糖質偏重の食事をしていませんでした。人間が主食という概念を持ったのは、人類が農耕を始めてからになります。日本でいえば、縄文時代末期から弥生時代にかけてのことです。糖質の摂取量があまりなかった狩猟採集民族には、AGEの発生は起こることはなかったのです。

医療など何もなかった時代ですから、感染症やケガ、出産などで命を落とすことは今よりも格段に多かったはずです。一説によれば、狩猟採集時代の人類の平均寿命はおよそ40歳とされています。

しかし、感染症やケガ、出産などで早世しなければ、現代の先進国の人々と変わらない年数を長生きしていたともいわれています。

今の日本人の4大疾病は「がん・心筋梗塞・脳卒中・糖尿病」です。これらのすべてにAGEと活性酸素が関与しています。AGEと活性酸素こそが、現代病をつくり出す元凶といっても過言ではありません。もちろん薄毛・ハゲにも深く関与しています。

そうした元凶と無縁だった狩猟採集民族の祖先は、4人疾病を発症することはなかったはずです。感染症やケガなどを回避できれば、健康に若々しく生き、ピンピンコロリと死んでいったのでしょう。

こうして考えれば、老化のスピードをゆるやかにし、病気にならない体づくりには、まずはAGEを生み出さない食生活こそ重要だとわかります。そんな食生活を始めることが、あなたの薄毛を改善する第一歩ともなるでしょう。

第一には、糖質を制限することです。具体的には、白米や小麦粉製品、砂糖など食物繊維をそぎ落としてしまった、「真っ白な」食品を控えましょう。砂糖や小麦粉をたくさん使用したお菓子類もAGEの発生量を増やすことになります。

また、食物繊維を持っていない糖質は、腸でスグに吸収されることで、血糖値をいっきに上げてしまいます。

大量の糖が血液中に急激に入ってくることを食事のたびにくり返せば、その都度、すい臓のβ細胞はインスリンを大量に分泌しなければならず、β細胞は疲弊し、良質のインスリンを分泌できなくなります。その活動量も低下するでしょう。こうなると糖がエネルギーに変換されずにあふれてしまい、AGEの発生量を増やすことになります。

AGEはもともときれいなたんぱく質が、砂糖をまぶしたようにべ卜ぺ卜になった状態の物質です。たんぱく質の本来の働きを失っているばかりではなく、血管や組織にべっとりとくっつき、体外に排出されにくいのです。

これを聞いただけでもハゲになりそうな気分になりませんか?

自分自身の体内にどれくらいのAGEがすでに蓄積しているのかを知る方法があります。AGEの量を知るには、健康診断の血液検査の結果を見てください。

血糖値の指標にヘモグロビンA1cがあります。この物質は、血液中のたんぱく質「ヘモグロビン」に糖が付着してできる物質であり、ヘモグロビンがAGE化する前の段階の物質になります。このヘモグロビンA1cの値から、体内のAGE化をもとめることが可能です。ヘモグロビンA1cの数値が高ければ高いほど、体内のAGE化かかなり進行しているということになります。つまり、薄毛が起こってもおかしくない状態になっていると判断できるのです。

このように食事に気を付けることでハゲ改善につながるのです。